+ + + +

ARTIST

TAKU INOUE

サウンドプロデューサー/コンポーザー/DJ

2009 年にバンダイナムコゲームスに入社。リッジレーサーシリーズ、鉄拳シリーズなどナムコ関連の作品を幅広く担当。得意とするダンスミュージックに、エッジかつキャッチーなサウンドメイク・メロディーメイクを取り入れた縦横無尽に切り込むサウンドは日本だけでなく、海外からの支持も高い存在となっている。 多種多様なジャンルの音楽を取り入れながらもポップミュージックとして昇華する独自のサウンドメイクは今後の時代を牽引するプロデューサーとして期待が高まる。

『アイドルマスター』シリーズや任天堂 /Cygames アクションロールプレイングゲームアプリ 『ドラガリアロスト TM』などの人気ゲームの楽曲をはじめ、DAOKO、Eve、ナナヲアカリ、STU48、月ノ美兎、HOWL BE QUIET などの人気アーティストのサウンドプロデュース / 楽曲提供 / リミックスも数多く手がけてもいる。

2019年公開の蜷川実花監督 映画「Diner ダイナー」主題歌DAOKO×MIYAVI「千客万来」のアレンジ、2020年ロッテ ガーナチョコレート “ピンクバレンタイン” テーマソング Eve「心予報」のアレンジも担当し大きな話題を生んだ。

そして2021年7月公開のTVアニメ「迷宮ブラックカンパニー」劇伴を担当することが決定!

TAKU INOUE OFFICIAL SITE:https://taku-inoue.com/

  • TikTok
  • Twitter
  • instagram
  • Youtube

WON

2021年2月、YouTubeに「日記 (Acoustic ver.)」のリリックMVを公開すると、

二週間で異例のスピードで77,000回再生を記録し絶賛のコメントが殺到。

一聴しただけでリスナーを楽曲へと引き込み、

切なさと力強さを合わせもつ唯一無二の歌声を武器とし、

エモーショナルかつ表現力のある本格的実力派シンガー。

  • Apple Music
  • Spotify
  • LINE MUSIC
  • TikTok
  • Twitter
  • instagram
  • Youtube

羽生まゐご

和楽器アレンジによる “和”、哀愁漂う“言葉”で人気を博しているボーカロイド・プロデューサー。先日Snail’s houseによってRemixされたことでも話題を集めた代表曲「阿吽のビーツ」を筆頭に現在までで YouTube 総再生回数 3,000 万回を越え、今も尚人気歌い手にカバーされ続けている。 その後も「懺悔参り」「ハレハレヤ」「ケガレの唄」など 話題曲を連発し、2018 年10月に1stフル・アル バム『浮世巡り』をリリース。ボカロアルバムとして異例のロングセールスを記録した。そして、2019年12月18日に初のボーカリストフル・アルバム「魔性のカマトト」をリリース。ボカロファンのみならずJ-POP好きにも高く評価され大きな注目を集めている。

  • Apple Music
  • Spotify
  • LINE MUSIC
  • TikTok
  • Twitter
  • instagram
  • Youtube

りりあ。

2019年秋頃より TikTok や YouTube で顔出しなしで弾き語り投稿を始めると、エモーショナルな歌声と豊かな表現力が話題となり、若者を中心に幅広い年代からフォローと絶賛コメントが殺到。初のオリジナル曲である「浮気されたけどまだ好きって曲。」は切ない歌詞が今の10〜20代の共感を得て話題となり、5/22に各配信ストアからリリースされるとLINE MUSICでは初日デイリー1位、ウィークリーランキング1位を獲得。YouTubeに上げた同曲の弾き語り動画再生数は公開から8ヶ月で800万回再生を突破。TikTokでの同曲を使用した動画数は17,000を越え、各メディアから大きな注目を集めている。

  • Apple Music
  • Spotify
  • LINE MUSIC
  • TikTok
  • Twitter
  • instagram
  • Youtube